CADはコンピューターを使い正確に製図ができるツール

CADとは設計図を作るときに非常に役立つツールです。これは自動車やビルなど多くの製品の開発に使われています。このCADは1960年代に飛行機を設計する用途として開発されました。その後は機械系の商品開発に使われるようになり多くの企業で使用されています。今は建築用配管用など特定の製品開発用のCADも登場してバリエーションが増えています。また汎用性の高いオートCADと呼ばれるツールもあります。こちらは2Dから3Dまで対応可能なツールで通常のCADよりも高機能です。実はCADが登場する前は手書きで設計図を描いていました。これはヒューマンエラーが発生する可能性があります。CADならコンピューターを使って正確に設計をする事ができます。例えば製図をするときに線を引きますが、その線は太さを均等に引くことが可能です。

2Dと3DのCADは何が違うのか

2DCADは2次元的に製図を作成するツールです。手書きのように製図をコンピューターで描きます。直感的に操作をする事ができるので使いやすいです。注意点として2Dなので断面図がメインです。他の角度から立体的に図形を見る事ができません。空間を想像しつつ設計をするのである程度スキルが求められます。3DCADは立体的に製図を作るツールです。曲線が多い図形は2DCADでは非常に難しいですが、3DCADなら立体的にイメージを捉える事ができるので製図を作りやすいです。3次元的に製図を作れるのでプレゼンテーションをするときに、相手に立体物の形を伝えやすいのがメリットでしょう。

電気CADと言う名前の商品はありません。実務上では汎用CADをいかにうまく使うかが勝負になります。このジャンルでは回路設計だけでなく、デザインを含めた筐体設計も重要な仕事になります。